裏ワザレシピ» アボカド

保存テク 19.10.21 月

【アボカド】食べ頃を逃さない♪余ったときは冷凍保存OK!

今週は「アボカド」をPick up!!

★栄養
「森のバター」と呼ばれるほど、クリーミーで栄養豊富なことで知られるアボカドですが、あのとろけるような味わいのもとは豊富な脂質。脂質といわれると敬遠しがちですが、アボカドは血液をサラサラにする不飽和脂肪酸が多いのでとってもヘルシー☆
さらに、動脈硬化の予防や細胞を若く保つ効果が期待できるビタミンEも豊富です♪

★選び方
アボカドの皮は明るい緑色から、熟すとだんだん黒に近い深い緑色になります。
黒みがかってきて、軽くにぎったときにしっとりとした感触があり、やや弾力があれば食べ頃です☆
未熟なアボカドの場合も、数日室温において「追熟」させると、熟しておいしく食べられますので、使う予定に合わせて、時期を見計らって購入しましょう。

裏ワザコラム裏ワザコラム

アボカドの冷凍保存テク

★冷凍保存テク
丸ごとの場合は、そのまま「ジップロック フリーザーバッグ」に入れて冷凍保存。カットしたものの場合は、変色しやすいので、切り口にレモン汁をまぶして「サランラップ」で包み、「フリーザーバッグ」に入れてなるべく空気を抜き、ジッパーをしっかり閉めて冷凍保存☆
また、つぶしたものを冷凍保存する場合は、レモン汁少々を混ぜ込んでから「サランラップ」で包み、「フリーザーバッグ」に入れて同様に冷凍保存します。

<使うとき>
冷蔵室、または室温で自然解凍しましょう。
冷凍、解凍すると、多少やわらかくなるので、形を保ちたい料理には向きません。
ディップソース、スムージー、グラタン、あえ物など、つぶしたり、くずれてもよい料理に使うのがオススメですよ♪

今日の一言

★アボカド豆知識★
アボカドは、なんと「世界一栄養価の高い果物」としてギネスブックに登録されているんですよっヽ(*゜O゜)ノ

ちょっとズボラな新米主婦「サラ」の今日の一コマ

アボカド

「サランラップ」活用人気レシピ
「フリーザーバッグ」活用人気レシピ
「スタンディングバッグ」活用人気レシピ
「ストックバッグ」活用人気レシピ
「コンテナー」活用人気レシピ
「スクリューロック」活用人気レシピ
「フライパン用ホイル」活用人気レシピ
「クッキングシート」活用人気レシピ
「アク・脂取りシート」活用人気レシピ