裏ワザレシピ» かぼちゃ

保存テク 16.10.24 月

かぼちゃ

今週は、ハロウィーンにも欠かせない「かぼちゃ」をPick UP!!♪(*≧ω≦)

緑黄色野菜として広く知られるかぼちゃですが、実はアンチエイジングにとーっても効果的ってご存じでしたか?アンチエイジングの3大ビタミン、β-カロテン、ビタミンC、ビタミンEがたっぷり含まれているんです!中でもビタミンEは野菜の中でトップクラス!!ヾ('∀'o)ノ

しかも、かぼちゃの場合はこれらの成分がでんぷんによって保護されているので、加熱しても壊れにくいのが嬉しいポイント!!

…と、ハロウィーン以外にも普段から食べたい優秀野菜なんですね♪

かぼちゃの選び方/保存テク

★選び方
カットしてあるものは、切り口が鮮やかでみずみずしく、果肉が厚くて、種が崩れずにしっかり詰まり、ワタが乾いていないものが◎色の濃いもののほうがカロテン含有量が多く、甘みがありますよ(*´▽`)


★冷蔵保存の方法
カットしたかぼちゃは、種とわたをくり抜き、「サランラップ」でぴったりと包んで野菜室で保存しましょう。

★冷凍保存の方法
カットしたかぼちゃをすぐに使い切れないとき、生のまま冷凍できるって知っていますか!?( ゚∀゚ )☆使いやすい大きさにカットしたら、「ジップロック フリーザーバッグ」に入れてなるべく空気を抜き、ジッパーを閉めて冷凍保存します。
煮物やみそ汁などに使う場合は、凍ったまま調理します。短時間で加熱調理する天ぷらや炒めものなどに使う場合は、 いったん電子レンジで解凍してから使用します。(解凍時間の目安は100gあたり500W 約1分)
pumpkin_sub1

さらに応用編☆かぼちゃを熱いうちにつぶして冷凍しておくと、料理にすぐ使えてとっても便利なんです!
「サランラップ」で包み、電子レンジで柔らかくなるまで加熱します。実をかきとり、熱いうちにつぶしたらよく冷まし、薄く小分けにして「サランラップ」でぴったり包みます。「ジップロック フリーザーバッグ」に入れ、なるべく空気を抜き、ジッパーをしっかり閉めて冷凍保存すればOK!!
使うときは電子レンジで解凍してから、コロッケやスープ、お菓子作りなどにどうぞ(・∀・)♡

pumpkin_sub2

今日の一言

今週は、ハロウィーンパーティーにぴったりの「かぼちゃ」を使ったレシピが目白押し!!ヾ(≧∀≦*)ノ〃

おいしそうで、見ているだけで、ハッピ〜♡♥・・・なんてそこのアナタ!
イベントは、できる主婦をアピールできる絶好のチャンスですよ(人´3`*)

ぜひぜひ、裏ワザを使った手作りレシピで、パーティー気分も盛り上げてくださいね☆



かぼちゃ