裏ワザレシピ» グリーンアスパラガス

保存テク 17.05.08 月

【ゆでずに冷凍OK】グリーンアスパラガスの保存テク

今週は、春〜初夏にかけて、今が旬の「グリーンアスパラガス」をPickUP★

アスパラガスには「グリーンアスパラガス」と「ホワイトアスパラガス」がありますが、その違い、ご存じですか?

「グリーン」は日光に当てて栽培したもので、栄養・香り共に良く、β-カロテンやビタミンCが豊富!「ホワイト」は、日光に当てずに軟化栽培するので白くて柔らかく、味もまろやか。最近は生のものも出回っていますね。

アスパラガスのうま味成分「アスパラギン酸」は、新陳代謝を活発にしてくれるので、疲労回復やスタミナ強化に効果的!新陳代謝が活発になれば美肌効果も期待できます!
葉酸も多いので、妊娠を控えた女性や妊婦さんにも嬉しい食材です♡

グリーンアスパラガスの選び方/保存テク

グリーンアスパラガスの風味や甘みを存分に味わうためにも、ぜひ新鮮なものを選んで、上手に保存しましょう☆

<選び方>
緑色が鮮やかで、切り口がみずみずしく、穂先がしまっているものを選びましょう。茎は、中太でハリがあり、しわがないものがベスト☆太すぎるものはスジっぽく固いので避けましょう。

<冷蔵保存>
グリーンアスパラガスを保存するコツは、立てた状態にしておくこと!上に向かって成長しようとするアスパラガスを寝かせてしまうと、穂先を起こそうとする力が働いて、栄養分であるアミノ酸などが消耗されるとともに、食味も落ちてしまいます。

濡らしたキッチンペーパーで切り口を包んで「サランラップ」で包み、冷蔵庫の野菜室に立てておきましょう。傷みが早いので1~2日で使いきりましょう。

<冷凍保存>
たくさんあってすぐに食べ切れないときは、根元のかたい皮をのぞき、長いまま、もしくは食べやすい大きさに切って、「ジップロック フリーザーバッグ」に入れて冷凍します。ただし、多少筋っぽく感じられるので細めのものや鮮度の落ちたものは不向きです。
asparagus_sub1

使うときは、凍ったまま加熱調理します(*^▽^)ノ冷凍ストックがあれば、お弁当の彩りなど、少しずつ使いたい時にも便利ですよ☆

今日の一言