裏ワザレシピ» 土用の丑の日に★うなぎのちらし寿司

「きゅうり」レシピ① 19.07.23 火

土用の丑の日に★うなぎのちらし寿司

栄養豊富なうなぎをすし飯でさっぱりといただく、夏らしい1品☆
うなぎはちらしずしの具にすれば、1尾分でも家族4人で食べられますよ◎
今度の土用の丑の日に作ってみては?(`*)

キレイにできる★裏ワザ

  • お料理時間:20分
  • カロリー:479kcal/1人分

材料(4人分)

ごはん・・2合分
すし酢(市販品)・・大さじ4

卵・・2個
塩、砂糖・・各少々

うなぎの蒲焼き・・1尾
酒・・大さじ1/2

きゅうり・・1本
塩・・少々

みょうが・・2個
青じそ・・6枚
しょうが甘酢漬け・・30g
いり白ごま・・大さじ1 1/2

作り方


  1. 温かいごはんにすし酢を合わせ、切るように混ぜ、あおいで冷ます。

  2. 卵をときほぐし、塩と砂糖で調味する。「クックパー フライパン用ホイル」を敷いたフライパンに流し入れ、中火で加熱し、箸3~4本でかき混ぜ、いり卵にする(「フライパン用ホイル」を破かないよう、そっとかき混ぜてください)。

  3. フライパンに新たに「フライパン用ホイル」を敷き、半分に切ったうなぎの蒲焼きをのせ、酒をふってふたをし、弱火で2~3分焼く。あら熱をとり、2cm角に切る。

  4. きゅうりは薄い小口切りにし、塩をふってしばらくおき、手でもんで水けを絞る。

  5. みょうがは縦半分にして小口切りに、青じそはせん切りにして、それぞれ水にさらし、水けをきる。しょうが甘酢漬けはあらみじんに切る。

  6. (1)のすし飯に、きゅうり、みょうが、しょうが甘酢漬け、ごまを混ぜて器に盛り、いり卵、うなぎ、青じそをのせる。

裏ワザコラム裏ワザコラム

うなぎの蒲焼きや卵がくっつかず焦げつかない裏ワザ

今日のレシピで大活躍の裏ワザアイテムは…そう!「クックパー フライパン用ホイル」♪

まずは「いり卵」の調理。卵料理はフライパンに油をひいても、くっつきやすいのが悩みのタネ。。。でも「クックパー フライパン用ホイル」を使えば、シリコーン樹脂加工のつるつるホイルなので、フライパンに敷くだけで油なしでもくっつかずいり卵が作れます☆

また、タレがからんで焦げつきやすい「うなぎの蒲焼き」を温める時も、「フライパン用ホイル」を敷けば、くっつかずこんがりきれいに温められますよ♪
しかも、油や汁を通さないのでフライパンが汚れず、後かたづけもラ〜クラク☆

この裏ワザアイテム、一度使うと手放せなくなりそう(人´v`)*゚+*゚+.

今日の一言

7/27は土用の丑の日!今日のレシピでうなぎをおいしく味わってみてはいかが?(人´ω`)

みなさんの土用の丑の日レシピを「裏ワザレシピ」のFacebookページでぜひシェアしてくださいね♡
(※モバイル版Facebookアプリで開きたい場合は、コチラから★)

「サランラップ」活用人気レシピ
「フリーザーバッグ」活用人気レシピ
「スタンディングバッグ」活用人気レシピ
「コンテナー」活用人気レシピ
「スクリューロック」活用人気レシピ
「フライパン用ホイル」活用人気レシピ
「クッキングシート」活用人気レシピ
「アク・脂取りシート」活用人気レシピ