裏ワザレシピ» パーティーに◎パプリカの肉詰めハロウィーン風

「ハロウィーン」レシピ② 19.10.16 水

パーティーに◎パプリカの肉詰めハロウィーン風

半分にカットしたパプリカをジャックオランタンの顔に見立てた、かわいい肉詰め♪ヾ(≧∀≦*)ノ〃カラフルなパプリカで、テーブルが華やぎますよ♪
今年のハロウィーンパーティーのメインディッシュはコレに決まりっ☆☆

キレイにできる★裏ワザ

  • お料理時間:40分
  • カロリー:264kcal/1人分

材料(4人分)

かぼちゃ(種とわたを除いて)・・100g
パプリカ・・2個
合いびき肉・・250g
塩・・小さじ1/2
玉ねぎ(みじん切り)・・1/3個分(70g)

【A】
卵・・1個
パン粉・・1/2カップ
牛乳・・大さじ3
こしょう・・少々

【B】
ケチャップ・・大さじ2
マヨネーズ・・大さじ2/3

かたくり粉・・適量

作り方

まずは動画をチェック!






  1. 玉ねぎは耐熱容器に入れて「サランラップ」でゆったりとふたをし、電子レンジ(500W)で約1分30秒加熱し、冷ましておく。Aのパン粉と牛乳は混ぜ合わせておく。

  2. パプリカは縦半分に切り、種を除く。耐熱皿にのせ、「サランラップ」でゆったりとふたをし電子レンジで約4分加熱し、冷ましておく。

  3. かぼちゃは「サランラップ」でゆったりと包み、電子レンジで約2分加熱。あら熱をとって包丁で皮をそぎ取り、残りの実は1cm角に切り、冷ましておく。皮はとっておく。

  4. ボウルにひき肉と塩を入れ、粘りが出るまで手でよくこねる。玉ねぎとAを加えてさらによくこねる。(3)のかぼちゃの実を混ぜる。

  5. (2)の水けをきり、内側にかたくり粉を薄くまぶして、(4)の生地をきっちりと詰める。

  6. 「クックパー フライパン用ホイル」を敷いたフライパンに、(5)を並べ中火で2~3分、焼き色がついたら弱火で3~4分、裏返して6~7分、ふたをしながらじっくりと焼く。
    竹串を刺して肉汁が透き通っていたら、火を止め、そのまま肉汁が落ち着くまで5分ほどおく。

  7. 器に盛りつけ、混ぜ合わせたBを肉の面に塗り、かぼちゃの皮を切って作った目や口をのせて、飾る。


<ワンポイント>
パプリカはずんぐりした形のものを選びましょう♪

裏ワザコラム裏ワザコラム

パプリカの肉詰めが時短でキレイに作れる裏ワザ

今日ご紹介した肉詰めは、ピーマンでなくパプリカを使った裏ワザレシピ。
パプリカはカラフルでボリュームがある反面、肉厚なので、火が通りにくいという難点も…。

そんなときは「サランラップ」と電子レンジが大活躍!
種を除いたパプリカを耐熱皿にのせ、「サランラップ」でゆったりとふたをしてレンジで軽く下加熱します。冷めてから肉だねを詰めて焼けば、ちょうどよく火が通りますよ♪

またハロウィーン仕様として肉だねに加えたかぼちゃも、レンジ加熱すればゆでるより時短で簡単♪「サランラップ」は熱に強いので、かぼちゃを直接包んでレンジ加熱するときも安心して使えます。

そして肉詰めを焼くときは「クックパー フライパン用ホイル」!!
シリコーン樹脂加工のつるつるホイルなので、フライパンに敷けば油なしでも肉だねがくっつかず、キレイに焼けます♪
しかも!油や汁を通さないのでフライパンが汚れず、後かたづけもラ〜クラク♪♪

パーティーはいろんな料理やお菓子の準備に忙しいから、調理をスムーズにしてくれる裏ワザアイテムがあれば大助かりですね (∩´∀`)∩

今日の一言

今週ご紹介したハロウィーンレシピはいかがでしたか?
作りたいレシピがあったら、いつでもチェックできるようにお気に入り登録しておきましょ☆

「サランラップ」活用人気レシピ
「フリーザーバッグ」活用人気レシピ
「スタンディングバッグ」活用人気レシピ
「ストックバッグ」活用人気レシピ
「コンテナー」活用人気レシピ
「スクリューロック」活用人気レシピ
「フライパン用ホイル」活用人気レシピ
「クッキングシート」活用人気レシピ
「アク・脂取りシート」活用人気レシピ