裏ワザレシピ» 巻きすがなくてもOK☆カリフォルニアロール

「アスパラガス」レシピ② 21.04.14 水

巻きすがなくてもOK☆カリフォルニアロール

今日ご紹介するのは、カリフォルニア州が発祥といわれる、すし飯が外側の裏巻きずし☆★
裏ワザを使えば、巻きすがなくても作れますよ♪

キレイにできる★裏ワザ

  • お料理時間:60分
  • カロリー:479kcal/1本分

材料(巻きずし4本分)

【すし飯】
米・・2合分=360ml
水・・2合分=360ml
酒・・大さじ1
昆布(5cm角)・・1枚

【合わせ酢】
酢・・1/4カップ
砂糖・・大さじ1
塩・・小さじ1/2

青じそ(せん切り)・・20枚分
いり白ごま・・大さじ2

【厚焼き卵】
卵・・2個
砂糖・・小さじ1
塩・・少々
サラダ油・・適量

【具A】
グリーンアスパラガス・・2本(60g)
カニ風味かまぼこ・・4本
ハム・・4枚

【具B】
マグロ・・60g
しょうゆ・・大さじ1
みりん・・少々
アボカド・・1/2個
貝割れ菜・・1/4パック

のり(全形)・・2枚

作り方

▼まずは動画をチェック!





●すし飯を作る

米は洗ってしばらくおき、分量の水、酒、昆布を加えて炊飯器で炊く。炊き上がったら昆布を取り除いて飯台に移し、混ぜておいた合わせ酢をまわしかけ、しゃもじで切るように混ぜ、あおいで冷ます。青じそ、ごまを混ぜ合わせる。

●飯台がない場合

ボウルと「クックパー クッキングシート」で代用できます。ボウルに「クッキングシート」を敷き込み、炊き上がったごはんを入れ、上記と同様に作ります。「クッキングシート」が余分な蒸気を外側に逃がすのでごはんがべたつきません。また「クッキングシート」にごはんがくっつかないので、楽に作業でき、ムダがありません。
ボウルに「クックパー クッキングシート」を敷き込む。

ごはんに合わせ酢を加えたら、切るように混ぜ、あおいで冷ます。

「クッキングシート」が余分な蒸気を逃がし、すし飯がべたつきません。

●具を準備する

  1. 卵はときほぐして砂糖、塩で調味し、厚焼き卵を焼く。1cm幅の棒状に切り4本用意する。

  2. 具Aのアスパラガスは根元のかたい部分を除き、「サランラップ」でゆったりと包み、電子レンジ(500W)で1分~1分30秒加熱し、冷水にとり色どめをする。ハムは細切りにする。

  3. 具Bのマグロは1cm幅の棒状に切り、しょうゆ、みりんにつけておく。アボカドはできるだけ1cm幅の棒状に切る。貝割れ菜は根を切り洗って、水けをふき取る。


●仕上げる

  1. 「サランラップ」を広げ、半分に切ったのりをおく。手前に卵焼きとAの具材をのせ、「サランラップ」の端を持ち上げながら巻く。同様に卵焼きとBの具材を巻き、A、Bそれぞれ2本ずつ作る。

  2. すし飯を4等分にする。「サランラップ」を広げ、すし飯をのりの幅ぐらいに広げ、(1)で作った具AとBを芯にして「サランラップ」を持ち上げながら巻く。これを4本作る。食べやすい大きさに切り分け、「サランラップ」をはずして器に盛りつける。

裏ワザコラム裏ワザコラム

「巻きす」がなくても巻き寿司が作れる裏ワザ

今日のレシピは、すし飯が外側の裏巻きずし!
通常、巻き寿司は「巻きす」を使って巻きますが、「サランラップ」があれば巻きすがなくても大丈夫!ハリ・コシがあってしっかりしているので、そのまま巻きすがわりに使えます(`・ω・´)b

特に、今回のような裏巻き寿司の場合、巻きすに直接すし飯を広げて巻くとくっついてしまいますが、「サランラップ」ならはがれやすいので、キレイに作ることができますよ♡

イベントにもオススメの裏ワザレシピ、ぜひ試してみてくださいね~!

「卵とホタテの飾り寿司」も簡単に作れる“すしレシピ”です♪
見た目もかわいいので、こちらもイベントごとにぴったり♡

「サランラップ」活用人気レシピ
「フリーザーバッグ」活用人気レシピ
「スタンディングバッグ」活用人気レシピ
「ストックバッグ」活用人気レシピ
「コンテナー」活用人気レシピ
「スクリューロック」活用人気レシピ
「フライパン用ホイル」活用人気レシピ
「クッキングシート」活用人気レシピ
「アク・脂取りシート」活用人気レシピ