裏ワザレシピ» 仕上がりキレイ!キラキラ☆フルーツあめ

「ぶどう」レシピ① 21.09.14 火

仕上がりキレイ!キラキラ☆フルーツあめ

専門店ができるほど人気の「フルーツあめ」を、おうちで手作りしてみませんか(〃・ω・〃人)
見た目もカラフルでかわいいので、子供も喜ぶこと間違いなしですよ~!!

キレイにできる★裏ワザ

  • お料理時間:15分
  • カロリー:24kcal/1個分(いちごの場合)

材料(10~15個分)

上白糖・・100g
熱湯・・50ml
いちご、ぶどうなどの果物※・・10~15粒
竹串・・10~15本

※表面が水っぽい果物は、水分であめがきれいにつきません。
いちごやぶどう(皮ごと食べられるもの)のように表面に水分がなく、酸味のある果物を使いましょう。
ブルーべリー、ラズベリー、薄皮(袋)ごとのみかん、プチトマトなどもおすすめです。

作り方

<下準備>
浅いバットを裏返し「クックパー クッキングシート」を敷いておく。

  1. 果物は必要に応じて洗い、水けをキッチンペーパーでよくふき取り、竹串に1個ずつ刺しておく。

  2. 直径20cm程度の浅めの耐熱容器(オーブン、電子レンジに使用可能なセラミック製のグラタン皿など)に「クックパー クッキングシート」を敷き、上白糖と熱湯を入れ、砂糖のザラザラとした粒子がほとんどなくなるまで、ゴムべらで静かにかき混ぜる。

  3. (2)を電子レンジに入れ、500Wで6~7分、砂糖液の色が少し黄色っぽくなるまで加熱する。※ただし、容器の大きさや形状により加熱時間が異なりますので、様子を見ながら加熱時間を調節してください。

  4. 電子レンジから耐熱容器ごと取り出し(容器が非常に熱くなっているので火傷にご注意ください)、(1)の竹串を手で持ってくるりと回しながら、果物のまわりにあめをからめ、「クッキングシート」の上に置く。これを手早く繰り返し、10~15個作る。

  5. (4)のあめがかたまるまで、冷ます。


<ワンポイント>
・あめの温度は約150℃と大変熱いので、火傷に充分注意してください。耐熱容器をレンジから取り出す際は、ぬれぶきんでなく、必ず乾いたミトンやふきんを使ってください。
・あめが冷えると作業しづらくなってくるので手早く作業しましょう。

裏ワザコラム裏ワザコラム

フルーツあめがキレイに作れる裏ワザ

ジューシーなフルーツに、パリパリのあめが絡んでおいしいフルーツあめ♡
今日ご紹介した裏ワザレシピなら、レンジだけで簡単に作れますよ♪ポイントは、「クックパー クッキングシート」を使うこと!

「クックパー」は両面シリコーン加工のシート。くっつきやすいあめも「クックパー」の上に置けばサラッとはがせるので、フルーツあめがキレイに作れます☆
また、熱に強い紙なので電子レンジ加熱OK。耐熱容器に敷いてレンジ加熱であめが作れるので簡単です♪しかも、容器にあめがこびりつかないので後かたづけも楽チン!

「クックパー」を活用して、お好みのフルーツあめを作ってみてくださいね。

フルーツあめといえば、「りんごあめ」や「いちごあめ」など、お祭りの屋台の食べ物というイメージがありますよね?でも実は、おうちでも簡単に作れるので、日常のおやつにぜひお試しくださいね♡

「サランラップ」活用人気レシピ
「フリーザーバッグ」活用人気レシピ
「ストックバッグ」活用人気レシピ
「コンテナー」活用人気レシピ
「スクリューロック」活用人気レシピ
「フライパン用ホイル」活用人気レシピ
「クッキングシート」活用人気レシピ
「アク・脂取りシート」活用人気レシピ