裏ワザレシピ» おつまみにもオススメ☆皮なし簡単!自家製スパイシーソーセージ

「にんにく」レシピ② 21.09.08 水

おつまみにもオススメ☆皮なし簡単!自家製スパイシーソーセージ

今日は、自家製ソーセージの裏ワザレシピをご紹介します!初めてソーセージを手作りする人も、裏ワザアイテムを活用すれば簡単&キレイに作れますよ~ヾ(*´∀`*)ノおうち時間でチャレンジするのもオススメです☆

キレイにできる★裏ワザ

  • お料理時間:30分
  • カロリー:218kcal/1本分

材料(8本分)

豚バラ肉(薄切り)・・300g
豚肩ロース(薄切り)・・200g
塩・・小さじ1
にんにく(みじん切り)・・1かけ分
オレガノ(ドライ)・・小さじ1
パプリカ(パウダー)・・小さじ1/2
ナツメグ(パウダー)・・小さじ1/2
白ワイン(冷やしたもの)・・大さじ3

作り方

<下準備>
20×15cmに切った「クックパー クッキングシート」を8枚用意する。

  1. 肉は1cm角に刻み、充分に冷やしておく。

  2. (1)と塩をフードプロセッサーに入れ、白っぽくなるまで攪拌する。

  3. (2)に残りの材料をすべて加え、均一になるまで攪拌する。

  4. (3)を「ジップロック ストックバッグ(M)」に入れ、冷蔵室で2時間ほど冷やす。

  5. (4)の「ストックバッグ」の端を、ハサミで切り口が4cmになるくらいに切り、横長に広げた「クックパー クッキングシート」の手前近くに、10~11cm長さに絞り出す。「クッキングシート」ごとくるくると巻いて包み、両端をキャンディーのようにひねってとめる。残り7本も同様に作る。

  6. 耐熱皿に(5)を並べ、「サランラップ」でゆったりとふたをし、電子レンジ(500W)で約4分加熱する。上下を返し、再び「サランラップ」でゆったりとふたをし、さらに約2分加熱する。

  7. 肉汁が落ち着くまでおき、そのまま、もしくはフライパンで焼いていただく。


<ワンポイント>
・肉だねの温度を上げないように作るのがコツです。手の熱で温度が上がらないよう、フードプロセッサーを使います。
・フードプロセッサーがない場合はひき肉を使い、ボウルの底を氷水で冷やしながら手で攪拌してください。
・電子レンジで加熱してもパサつかずおいしくできますが、蒸気の上がった蒸し器で10分ほど蒸してもよいでしょう。

裏ワザコラム裏ワザコラム

ソーセージが簡単&キレイに手作りできる裏ワザ

ソーセージは、羊などの腸に肉だねを詰めて作るのが一般的ですが、今日のレシピは、皮なしなので手軽に作れますよ☆
簡単&キレイに作るポイントは、裏ワザアイテム「ジップロック」と「クックパー」を使うこと!

■「ジップロック」に入れて冷やす~絞り出しまでラクラク
ソーセージをジューシーに仕上げるため、成形する前に肉だねを冷蔵室でしっかり冷やしましょ☆ボウルのままでなく「ジップロック ストックバッグ」に移せば、冷蔵室内でかさばりません。さらに、冷やした後はバッグの端を切って、そのまま絞り出し袋としても使えるのでとってもスマート♪
「繰り返し使うタイプの絞り出し袋は衛生面が気になる…」という方にもオススメの裏ワザですよ◎

■「クックパー」で成形~加熱までラクラク
肉だねを腸詰めしない代わりに、「クックパー クッキングシート」で包んで成形しましょ☆肉だねをシートの上に絞り出し、そのまま巻いて包んだら、両端をひねってとめればOK。熱に強い紙なので、そのまま耐熱皿にのせてレンジ加熱までできます♪

今日ご紹介した裏ワザで、おうちで自家製ソーセージ作りにチャレンジしてみてくださいね♡

「らくらく鶏ハム」も簡単に手作りできて、おつまみにオススメのレシピです☆

「サランラップ」活用人気レシピ
「フリーザーバッグ」活用人気レシピ
「ストックバッグ」活用人気レシピ
「コンテナー」活用人気レシピ
「スクリューロック」活用人気レシピ
「フライパン用ホイル」活用人気レシピ
「クッキングシート」活用人気レシピ
「アク・脂取りシート」活用人気レシピ