裏ワザレシピ» キレイにできる♪ゴーヤーと桜エビのかき揚げ

「とうもろこし」レシピ② 19.07.10 水

キレイにできる♪ゴーヤーと桜エビのかき揚げ

今日は、食欲そそる、とっても夏らしいかき揚げをご紹介!!ヾ('∀'o)ノ
ゴーヤーの苦味とコーンの甘み、桜エビの風味が絶妙♡
めん料理にもよく合いますよ♪

キレイにできる★裏ワザ

  • お料理時間:15分
  • カロリー:107kcal/1個分

材料(12個分)

ゴーヤー(にがうり)・・1本分(正味200g)
サクラエビ・・大さじ5
ホールコーン(缶詰め)・・1/2カップ分

【かき揚げの衣】
卵・・1/2個
水・・150ml
かたくり粉・・大さじ2
上新粉・・大さじ2
小麦粉・・1/2カップ

揚げ油・・適量
塩・・少々

作り方


  1. ゴーヤーは縦半分に切り、種とわたをとり、薄く切る。

  2. ボウルに卵を割り入れ、よく混ぜてから水を加える。粉類を合わせてふるい入れ、箸でさっくりと混ぜる。(1)のゴーヤー、サクラエビ、水けをきったコーンを加え、からませておく。

  3. 「クックパー クッキングシート」を10cm角に切ったものを12枚用意する。そこに(2)をスプーン等で平らにのせ、180℃の油で揚げる。かき揚げが「クッキングシート」から浮いたら、「クッキングシート」を取り出し、かき揚げは油をきってバットにのせる。
    *たねとクッキングシートの間の空気がはじけてはねることがありますので注意してください。

  4. かき揚げが熱いうちに塩を軽くふり、器に盛りつける。

裏ワザコラム裏ワザコラム

かき揚げの具が散らずキレイに作れる裏ワザ

天ぷらの中でもちょっとハードルが高い「かき揚げ」。その理由は何といっても、揚げるときに「具がバラバラに散って失敗しがち」だから。。。
でも、今日ご紹介する裏ワザを使えば、そんなお悩みもすぐ解消☆

その裏ワザとは…「クックパー クッキングシート」を活用すること!
「クッキングシート」にかき揚げのタネをのせ、「クッキングシート」ごと静かに油に入れて揚げれば、コーンなどの小さい具もバラバラにならず、シートにのせた形のままとってもキレイに仕上がります(*゚∀゚*)
ただし、下に衣がかたまりやすいので、穴じゃくしなどで余分な衣をよくきってから「クッキングシート」にタネをのせるのがコツ♪

意外な活用法ですが、「クックパー クッキングシート」は耐熱温度「250℃×20分」と熱に強い紙なので、こうした使い方もできるんですよ☆

今日の裏ワザをぜひ覚えて、キレイなかき揚げが作れるデキる主婦を目指しましょ〜♪♪

» 「クックパー クッキングシート」活用レシピ

今日の一言

皆さんの1番好きなかき揚げの具材はなんですか?
オススメのかき揚げがあったら、ぜひFacebookページに投稿して、みんなにシェアしてくださいね♪
(※モバイル版Facebookアプリで開きたい場合は、コチラから★)

「サランラップ」活用人気レシピ
「フリーザーバッグ」活用人気レシピ
「スタンディングバッグ」活用人気レシピ
「ストックバッグ」活用人気レシピ
「コンテナー」活用人気レシピ
「スクリューロック」活用人気レシピ
「フライパン用ホイル」活用人気レシピ
「クッキングシート」活用人気レシピ
「アク・脂取りシート」活用人気レシピ