裏ワザレシピ» 下味冷凍活用!鶏団子とれんこんの甘辛煮

「れんこん」レシピ② 19.02.20 水

下味冷凍活用!鶏団子とれんこんの甘辛煮

今日は、先日ご紹介した下味冷凍「鶏ひき肉和風つくねだね」を活用した裏ワザレシピをご紹介!
主役の鶏団子のもとになる「つくねだね」を朝冷蔵室へ入れて解凍しておけば、夜は野菜と煮るだけ!!ボリュームのある和風おかずが簡単に作れますよ♪

冷凍ストック活用★裏ワザ

  • お料理時間:20分
  • カロリー:309kcal/1人分

材料(2人分)

下味冷凍した「鶏ひき肉和風つくねだね」・・約250g
れんこん・・100g
にんじん・・40g
エリンギ・・1本(50g)

【A】
だし汁・・500ml
しょうゆ・・大さじ1
みりん・・大さじ1
酒・・大さじ1
塩・・少々

小ねぎ(小口切り)・・適宜

作り方

【下準備】
下味冷凍した「鶏ひき肉和風つくねだね」は冷蔵室におき、解凍しておく。

  1. れんこんとにんじんは4~5mm厚さの半月切りにし、れんこんは水にさらしてアクを抜く。エリンギは長さを半分にして6~7mm厚さに切る。

  2. 鍋にAを入れ、ひと煮立ちさせる。「鶏ひき肉和風つくねだね」の入った「ジップロック フリーザーバッグ」の、下の角1ヶ所をハサミで斜めに切り落とす。適量のたねを絞り出し、スプーンで丸くちぎり取って鍋に加え、(1)も加える。

  3. いったん火を止め、「クックパー アク・脂取りシート」をのせ、再び強火にかけ、煮立ってきたら火を弱め、7~8分煮る。

  4. 器に盛りつけ、小ねぎをふる。

裏ワザコラム裏ワザコラム

冷凍ストックでボリュームおかずが手軽に作れる裏ワザ

今日のレシピの裏ワザは、ひき肉に下味をつけて冷凍保存しておくこと!解凍すればつくねだねとしてすぐ使えるので、忙しい平日にひき肉をこねるところから始める手間が省けて時短になりますよ。ぜひ上手に活用してみてくださいね♪
「鶏ひき肉和風つくねだね」の作り方
また、つくねだねを団子状にするときは、作り方【2】のように、冷凍保存で使った「ジップロック フリーザーバッグ」をそのまま絞り出し袋として活用すれば、手を汚すことなくスマートに作業できますよ!

さらに!!れんこん、にんじん、エリンギも冷凍ストックを使えば、作り方【1】の工程が省けるので、も〜っと時短に!!今日のレシピに冷凍ストックを使う場合は、凍ったまま煮汁に加えてくださいね♪
それぞれの冷凍保存テクは↓をチェック!

今日の一言

忙しい日だって下味冷凍や冷凍ストックを活用すれば、手料理の並ぶ食卓ができあがりますよ♡
「まだやったことない!」という人もぜひチャレンジして、デキル主婦を目指しましょ〜!!

「サランラップ」活用人気レシピ
「フリーザーバッグ」活用人気レシピ
「スタンディングバッグ」活用人気レシピ
「コンテナー」活用人気レシピ
「スクリューロック」活用人気レシピ
「フライパン用ホイル」活用人気レシピ
「クッキングシート」活用人気レシピ
「アク・脂取りシート」活用人気レシピ