裏ワザレシピ» オクラ

保存テク 21.07.19 月

【オクラ】意外!冷凍保存の方法とおすすめ活用術

今週は、今が旬の「オクラ」をPickUp!!

★栄養
オクラにはβ-カロテンやビタミンB1、鉄、カルシウムなどが含まれているので、スポーツのあとのビタミンやミネラル補給に役立ちます☆
さらには美肌効果が期待できるビタミンCまで含まれているので、夏にオススメの食材です!
また、オクラ独特の粘り成分のひとつ「ペクチン」は、水溶性食物繊維なので、腸内環境を整え、便通を促す効果がありますよ。

★選び方
切り口がきれいで緑色が濃いもの、うぶ毛がやわらかく、びっしりと均一に生え揃っているものを選びましょう。育ちすぎると食感がかたいので、小ぶりのものの方がおすすめです(。・_・。)ノ

オクラはサラダ、炒め物、スープ、煮物など幅広く使える野菜☆
鮮やかな緑色で料理の彩りもUPするので、いろんな料理に取り入れ、オクラパワーで元気に過ごしましょう♪

裏ワザコラム裏ワザコラム

オクラの冷凍保存テク

★冷凍保存テク
【1】塩をまぶしてこすり洗いし、水けをふき、ヘタをグルリと包丁でむくようにしてとる。
【2】「ジップロック フリーザーバッグ」に入れ、なるべく空気を抜いてジッパーを閉め、冷凍保存。

★使うとき
凍ったまま熱湯で塩ゆでし、細かく切って使います。
冷凍保存したオクラは、縦の繊維が筋っぽく感じられるので、長いまま使うのはおすすめできません。小口切りや細かく包丁でたたいて使えば、粘りや風味も生のときとさほど変わらず、おいしく食べられます♪
削り節をかけておひたしに、そうめんのトッピングに、納豆や山芋に混ぜてあえものにしたりと、いろいろな料理に使えて便利です◎

オクラといえば緑色のイメージですが、赤色の品種もあるのを知っていますか?
加熱すると緑色になってしまうので、色を生かしたい場合は生でいただくのがオススメだそうですよ♪

ちょっとズボラな新米主婦「サラ」の今日の一コマ

オクラ

「サランラップ」活用人気レシピ
「フリーザーバッグ」活用人気レシピ
「スタンディングバッグ」活用人気レシピ
「ストックバッグ」活用人気レシピ
「コンテナー」活用人気レシピ
「スクリューロック」活用人気レシピ
「フライパン用ホイル」活用人気レシピ
「クッキングシート」活用人気レシピ
「アク・脂取りシート」活用人気レシピ