裏ワザレシピ» パスタ

保存テク 21.03.15 月

【パスタ】ゆで時間が1分に!?驚きの冷凍保存方法&時短テク

今週は、調理が簡単でおいしい「パスタ」をPickUP!

★栄養
パスタの原料である「デュラムセモリナ」は、パンやお菓子作りに使われる小麦とは種類が違うデュラム小麦を粗挽きにしたもの。良質なたんぱく質やグルテンを多く含んでいて、甘みがあるのが特長です。
また、パスタ自体はごはんやパン、うどんと同様に炭水化物が主成分ですが、意外にもこれらに比べてGI値(食後の血糖値の上昇度合いを示す指標)が低い食品。低GI食品は食後の血糖値の上昇がゆるやかなため、肥満や生活習慣病予防の観点で注目されています。

★選び方
透明度が高く、こはく色でツヤがあるもの、弾力性があり、力を入れて折ると澄んだ音をたてて折れるものが良い乾燥パスタです。
国産パスタの場合は、日本農林規格(JAS)のマークが表示された製品を選ぶと安心ですよ♪

裏ワザコラム裏ワザコラム

パスタの冷凍保存テク

★「水漬けパスタ」の冷凍保存テク
驚きの冷凍法で、ゆで時間がなんと約1分に!

【1】パスタ1食分(100g程度)を半分に折り、「ジップロック フリーザーバッグ(S)」に入れ、水を1カップほど加える。なるべく空気を抜いてジッパーを閉め、受け皿にのせて2時間おく(夏場は冷蔵室で)。

【2】ジッパーの端を少し開けて水けをきる。

【3】再びなるべく空気を抜いてジッパーを閉め、冷凍保存。

<使うとき>
凍ったまま「フリーザーバッグ」から取り出し、塩を加えたたっぷりの熱湯に入れます。10秒ほどおいてから箸で手早くほぐし、1分ほどゆでます(かたさの好みやパスタの太さにより、ゆで時間は加減してください)。もちもちシコシコのおいしいパスタが、たった1分でゆで上がりますよ!

★「ゆでたパスタ」の冷凍保存テク
【1】1食分ずつ薄くふんわりと広げて「サランラップ」で包みます。

【2】「ジップロック フリーザーバッグ」に入れ、なるべく空気を抜いてジッパーを閉め、冷凍保存。

<使うとき>
電子レンジで解凍して炒めるか、凍ったままサッとゆでて使います。
ゆでたパスタを冷凍すると、ゆで立ての歯ごたえは失われ、やわらかくなるので、ナポリタンなど、やわらかくなったパスタで作ってもおいしいメニューに活用しましょう♪

★「お弁当用ナポリタン」の冷凍保存テク
かためにゆでたパスタで手早く作って冷凍すれば、味落ちが少なくてすみます。

【1】具はあらかじめ炒めてケチャップなどで調味しておき、かためにゆでたパスタとサッとあえ、なるべく手早くあら熱をとります。
【2】1回分ずつフォークでくるくると巻き取ってお弁当用の紙カップ(電子レンジ加熱対応のもの)などに入れ、「ジップロック コンテナー(正方形700mlまたは長方形480ml)」に並べ入れ、フタを閉めて冷凍保存。

<使うとき>
電子レンジで解凍、加熱し、冷ましてからお弁当に詰めます。

今週は「パスタ入りチーズオムレツ」と「チキンとコーンのクリーミーパスタ」の裏ワザレシピをご紹介します!お楽しみに〜♡
「サランラップ」活用人気レシピ
「フリーザーバッグ」活用人気レシピ
「スタンディングバッグ」活用人気レシピ
「ストックバッグ」活用人気レシピ
「コンテナー」活用人気レシピ
「スクリューロック」活用人気レシピ
「フライパン用ホイル」活用人気レシピ
「クッキングシート」活用人気レシピ
「アク・脂取りシート」活用人気レシピ