裏ワザレシピ» ピーマン

保存テク 19.06.10 月

【ピーマン】生のまま冷凍保存OK!苦味がやわらぐ効果も◎

今週は、夏の日差しをたっぷり浴びておいしく実る「ピーマン」をPick UP!!☆

★栄養
ピーマンはビタミンCがたっぷり♪ビタミンCは紫外線によるメラニン生成を抑制して、シミ・そばかす予防に役立つので、紫外線が気になるこの時期は積極的にとりたいですね♡
特にピーマン組織中のビタミンCは熱に強いので、加熱調理しても壊れにくく、これからの時期におすすめです♪

★選び方
ピーマンの鮮度を見分けるときは「ヘタ」の部分に注目!ヘタが鮮やかな緑色で、つやと張りがあり、変色していないものを選びましょう。
果肉は厚く、持ったときに重量感があるものは水分がたっぷりと含まれていて新鮮です
(´▽`*)

裏ワザコラム裏ワザコラム

ピーマンの冷凍保存テク

ピーマンがたくさん手に入ったり、余った場合は、生のまま冷凍保存してみましょう!冷凍すると多少皮が固く感じられ食感や風味も落ちますが、特有の<苦み>はやわらぎます。炒め物などのちょっとした色味にサッと使えて便利ですよ☆

★冷凍保存テク
使いやすい大きさに切って、「ジップロック フリーザーバッグ」に入れて冷凍保存します。切らずに丸ごと「フリーザーバッグ」に入れて冷凍し、使うときに軽く解凍して好きな大きさに切って利用してもOK!

★使うとき
凍ったまま調理するか、電子レンジで軽く解凍して使用します。
冷凍による味落ちは否めないため、風味や食感が決め手のチンジャオロースーなどには向きません。みそ炒めなど濃い味つけの炒めものや、ナポリタン、焼きそばなどに、またじっくり焼く肉詰めなどに使うのがおススメです♪

今日の一言

ピーマンはトウガラシの仲間ってご存じでしたか!?甘味があり、楕円形のものがピーマンと呼ばれているそうですよ♪

ちょっとズボラな新米主婦「サラ」の今日の一コマ

ピーマン

「サランラップ」活用人気レシピ
「フリーザーバッグ」活用人気レシピ
「スタンディングバッグ」活用人気レシピ
「コンテナー」活用人気レシピ
「スクリューロック」活用人気レシピ
「フライパン用ホイル」活用人気レシピ
「クッキングシート」活用人気レシピ
「アク・脂取りシート」活用人気レシピ