裏ワザレシピ» とうもろこし

保存テク 19.07.08 月

【とうもろこし】上手な冷凍保存テク、簡単レンジ調理法をご紹介★

今週は、BBQなどアウトドア料理でも人気の夏野菜「とうもろこし」をPick UP!!

★栄養
とうもろこしの主成分は炭水化物ですが、ビタミンB1やビタミンB2、食物繊維なども含まれています。特に、粒のつけ根にあたる胚芽部分に栄養がたっぷり詰まっているので、実を取るときはできるだけ丁寧にはずして、胚芽部分も残さず食べたいですね(っ´▽`)っ

★選び方
中の身はびっしりとついていて、粒の大きさが揃っているものがGood♪ひげが褐色ならよく熟していますよ☆
皮がついている場合は、鮮やかな緑色のものを選びましょう!
とうもろこしは時間とともに味・栄養ともに落ちるので、できるだけ収穫したての新鮮なものが入手できる場所を選ぶこともポイントです。

裏ワザコラム裏ワザコラム

とうもろこしの冷凍保存テク

とうもろこしは、新鮮なうちに食べきるのがおすすめですが、すぐに食べない時はできるだけ早く冷凍保存しましょう☆
加熱したものでも、生のままでも冷凍でき、保存後の状態に大きな差はありません。

★加熱調理して冷凍保存
【1】とうもろこしを加熱したら、水分や香りを逃がさないよう、熱いうちに1本ずつ「サランラップ」で包みます。

【2】冷めたら、「ジップロック フリーザーバッグ」に入れ、なるべく空気を抜いてジッパーを閉め、冷凍保存。

<使うとき>
「サランラップ」で包んだまま、電子レンジで軽く全体が温まるまで加熱します。

★生のまま冷凍保存
【1】とうもろこしは皮をむき、「サランラップ」 でぴったりと包みます。

【2】「ジップロック フリーザーバッグ」に入れ、なるべく空気を抜いてジッパーを閉め、冷凍保存。

<使うとき>
●ゆでてジューシーに!
「サランラップ」 をはずし、凍ったまま水からゆでて沸騰したらさらに約3分加熱します。
●じっくり蒸しておいしさ逃がさない!
「サランラップ」 をはずし、凍ったまま蒸気のあがった蒸し器で10~12分加熱します。
●電子レンジで手軽に!
「サランラップ」 をいったんはずして再びゆったりと包みなおし、凍ったまま1本(約300g) あたり電子レンジ(500W)で約7分加熱します。そのままラップをはずさずに冷まします。

<ワンポイント>
ゆでたり蒸したりした場合は、熱いうちに濃いめの塩水(塩分約3%)にサッと浸し、すぐに「サランラップ」に包んでから冷ますと、皮にしわがよりにくく、塩味もつきます☆
生から加熱するときも同じです。

今日の一言

少量のとうもろこしの加熱には電子レンジがおすすめ!
鍋ゆでよりも手軽にスピーディーに調理できますよ(`)
くわしくは「かんたん!レンジでゆでとうもろこし♪」をチェックしてみてね☆

ちょっとズボラな新米主婦「サラ」の今日の一コマ

とうもろこし

「サランラップ」活用人気レシピ
「フリーザーバッグ」活用人気レシピ
「スタンディングバッグ」活用人気レシピ
「ストックバッグ」活用人気レシピ
「コンテナー」活用人気レシピ
「スクリューロック」活用人気レシピ
「フライパン用ホイル」活用人気レシピ
「クッキングシート」活用人気レシピ
「アク・脂取りシート」活用人気レシピ