裏ワザレシピ» バジル

保存テク 18.09.10 月

【バジル】使い切れなかったバジルは、冷凍保存で香りをキープ!

今週は、さわやかな香りが特徴の「バジル」をPickUP!!☆
バジルは、肉料理から魚料理まで幅広く使われますが、特にトマトを使った料理との相性はバツグン♪料理の風味や彩りをUPしてくれます。
添えるだけでお料理上手に見えるから、ズボラ主婦にも嬉しい食材ですね…(*゚▽゚*)♡

バジルには、β-カロテンが豊富に含まれています。β-カロテンは油との相性がよく、一緒にとると効率よく吸収できます。バジルはオリーブ油やトマトを多用するイタリア料理に欠かせないハーブですが、栄養面でもとても理に適ってるんですね♪

選ぶ時は、緑色が鮮やかで、葉先までハリのあるものを選びましょう。

裏ワザコラム裏ワザコラム

バジルの冷凍保存テク

使い切れなかったバジルは、冷凍保存すると色や食感は悪くなりますが、特有の香りは残るので、料理の香りづけに重宝します☆

★バジルの冷凍保存
【1】バジルの葉は水分をよくふき取り、1回に使う分ずつ「サランラップ」で包みます。


【2】「ジップロック フリーザーバッグ」に入れ、なるべく空気を抜いてジッパーを閉め、冷凍保存。


★使うとき
凍ったままもむと、パリパリと砕けて細かくなります。パスタやピザ、スープなどにトッピングしたり、トマトソースやドレッシングの香りづけ、マリネの風味づけなど、様々な料理に利用できます。

今日の一言

最近は、バジルを家庭菜園で育てている人も多いですよね。たくさん手に入った時は、ぜひ今日の保存テクも活用してみてくださいね☆

ちょっとズボラな新米主婦「サラ」の今日の一コマ

バジル

「サランラップ」活用人気レシピ
「フリーザーバッグ」活用人気レシピ
「スタンディングバッグ」活用人気レシピ
「コンテナー」活用人気レシピ
「スクリューロック」活用人気レシピ
「フライパン用ホイル」活用人気レシピ
「クッキングシート」活用人気レシピ
「アク・脂取りシート」活用人気レシピ