裏ワザレシピ» にんじん

保存テク 20.11.09 月

【にんじん】カットして冷凍保存!色々な料理に使える万能野菜◎

今週は「にんじん」をPick UP!!☆

★栄養
にんじんといえば、カロテン!!
抗酸化作用でアンチエイジングに役立つβ-カロテンの含有量は、野菜の中でもトップクラス!さらにβ-カロテン以上に強い抗酸化力をもつといわれるα-カロテンも含んでいるので、ダブルでアンチエイジングが期待できますね(●´∀`●)♡

β-カロテンは皮の近くにたくさん含まれているので、皮をむかずに使うのが理想☆
また、油との相性が抜群!炒めるなどして油と一緒に食べる方がβ-カロテンの吸収率がよくなるのでオススメです♪

★選び方
選ぶ時は、オレンジ色が濃く鮮やかなもの、皮に傷などがなくハリとツヤのあるものが◎茎の部分が太いと中心が固いものが多いので、細いものが良いでしょう♪

裏ワザコラム裏ワザコラム

にんじんの冷蔵・冷凍保存テク

★常温/冷蔵保存
水気をよくふき取ってから、「ジップロック ストックバッグ」などに入れ、冷蔵庫の野菜室で保存します。蒸れたり湿ったりすると傷みやすいので、水気が出てきたらこまめにふき取ります。冬は、冷暗所で常温保存もOK◎
切ったものは、「サランラップ」でぴったりと包んで冷蔵庫の野菜室で保存し、3〜4日位で使い切るようにしましょう。

★冷凍保存
硬くて切るのが少し面倒なにんじんですが、あらかじめ切って冷凍保存しておくと、 色々な料理にすぐ使えて便利ですよ☆

【1】薄いいちょう切りや短冊切り、マッチ棒くらいの太さのせん切りなど、小さめに切ります。
※乱切りなど大きく切ったものは食感が悪くなるため、冷凍には向きません。

【2】「ジップロック フリーザーバッグ」に入れ、なるべく空気を抜いてジッパーを閉め、 冷凍保存します。

★使うとき
自然解凍、電子レンジで半解凍、凍ったまま調理、いずれでも大きな違いはありません。 料理に合わせて方法を選びましょ◎
サラダやきんぴら、ひじき煮、炊き込みごはんの他、豚汁やスープなどの汁物、中華の炒め物など、 色々使えてとっても便利ですよ♪♪

~にんじんトリビア~
緑黄色野菜に多く含まれる栄養素「カロテン」の名前は、にんじんの英名「キャロット」に由来しているんですよ+.(-ω-´)

ちょっとズボラな新米主婦「サラ」の今日の一コマ

にんじん

「サランラップ」活用人気レシピ
「フリーザーバッグ」活用人気レシピ
「スタンディングバッグ」活用人気レシピ
「ストックバッグ」活用人気レシピ
「コンテナー」活用人気レシピ
「スクリューロック」活用人気レシピ
「フライパン用ホイル」活用人気レシピ
「クッキングシート」活用人気レシピ
「アク・脂取りシート」活用人気レシピ