裏ワザレシピ» 蒸し器要らず!レンジで簡単お赤飯★

14.03.19 水

蒸し器要らず!レンジで簡単お赤飯★

お子さんの卒入園・卒入学など、お祝いごとの多い季節♪
家族にとって大切な日に、もち米とあずきから、お赤飯を手作りできたら・・・素敵だと思いませんか?( ´艸`)♡

もち米とあずきって使い慣れない食材だし、なんか難しそう〜、時間がかかりそう・・・と思われるかもしれませんが、ご安心を!
今日ご紹介するのは、蒸し器がなくても、レンジで簡単にできる裏ワザレシピなんです♪♪( ゚∀゚ )

あずきはお米と一緒に炊くと、お互いにアミノ酸を補って栄養バランスも良くなるんです♪実は、お赤飯にして食べるのは、栄養面でもとっても合理的な食べ方なんですね。

昔は「あずき飯は脚気病の治療食」として、重宝されたそうですよ〜♪

これを機に、ぜひ一度、お赤飯作りにチャレンジしてみてはいかが?(*ノε` )σ

    材料(4人分)

    もち米・・2カップ
    あずき(またはささげ)・・1/4カップ(40g)
    あずき(またはささげ)のゆで汁+水・・330ml
    塩・・小さじ1/2弱
    黒ごま・・適量

    作り方

    【1】もち米は洗い、ざるにあげておく。

    【2】あずきは洗ってなべに入れ、5倍くらいの水(分量外)を入れ、ゆでる。沸騰したら1度ゆで汁を捨て、再び5倍くらいの水を入れ、約20分弱火でかためにゆでる。ざるにとってあずきとゆで汁を分ける。ゆで汁は水を足して330mlにする。

    【3】大きめの耐熱容器に(1)、(2)のゆで汁と水(合わせて330ml)を入れ、30分ほど浸す。

    【4】(3)に塩を加えて混ぜて(2)のあずきをのせ、「サランラップ」でゆったりとふたをし、電子レンジ(500W)で約10分加熱。

    【5】とり出してひと混ぜし、再び「サランラップ」でゆったりとふたをし、約7分加熱する。そのまま10分ほど蒸らし、ひと混ぜしたら器に盛り、黒ごまを散らす。

    ※耐熱容器の代わりに、「ジップロック コンテナー(角型・大)」でも作れます。

    裏ワザコラム裏ワザコラム

    レンジで簡単「お赤飯」はいかがでしたか?

    「あずきをゆでるのがちょっと面倒」「あずきが大量に余ってしまいそう」と思った方は、既にゆでてある赤飯用の缶詰を使うと更にお手軽に!
    でも、【3】の工程であずきのゆで汁に浸すことでしっかりお米に色付くので、出来れば自分でゆでたいところ。
    そこで!買ってきたあずきをいっぺんにゆでておいて、食材PickUP「あずき」の記事でご紹介した通り、残りを小分けにして冷凍保存しておくのがオススメです◎サラダやスープ、カレーや煮物などに、普段からちょこちょこ使い回していけば、食卓の栄養バランスもUP♪♪この機会にぜひ「あずき」ストックを作ってみては?

    ちなみに、関東地方では「ささげ」と呼ばれる豆がよくお赤飯に使われます(。・v・。)♪

    「ささげ」と「あずき」は同じ『マメ科ササゲ属』の品種で、見た目はとっても似ていますが、「へそ」の形状が「あずき」は長く直線状なのに対し、「ささげ」は楕円形で黒い縁取りがあるのが特徴。「ささげ」は、煮ても皮が破れにくいので、お赤飯に使うとキレイな仕上がりになりますよ★

    そもそもは、武士の文化の関東圏では"腹割れしない=切腹しない"ということで、「ささげ」が使われてきたともいわれています。お赤飯には、古くから‘縁起物’として食べられてきた歴史が詰まっているんですね!

    今日の一言

    お家でお赤飯が炊けるようになったら、季節行事や長寿のお祝い事など、いろんなシーンできっと大活躍!!

    更に、あずきの冷凍ストックを一緒に作っておいて、普段のお料理でもあずきを使いこなせるようにできれば一石二鳥★

    主婦力 グ〜ンとUPですねっ!!!ヽ(*>∀<*)ノ


    ▼お料理の目安
    ・お料理時間:50分 
    ・カロリー: 176kcal/1人分

    「サラ」の今日の一コマ

    蒸し器要らず!レンジで簡単お赤飯★

    「サランラップ」活用人気レシピ
    「フリーザーバッグ」活用人気レシピ
    「スタンディングバッグ」活用人気レシピ
    「コンテナー」活用人気レシピ
    「スクリューロック」活用人気レシピ
    「フライパン用ホイル」活用人気レシピ
    「クッキングシート」活用人気レシピ
    「アク・脂取りシート」活用人気レシピ