裏ワザレシピ» あったかスープ特集

Special Contents 17.01.23 月

あったかスープ特集

冬まっただ中。寒さが身にしみるこの時期、ぽかぽかスープでホッコリ癒されませんか?今週は、心も体も喜ぶ「あったかスープ特集」をお届けします♡

野菜をたくさん入れれば、忙しい朝や、ちょっと小腹が空いたときにも、手軽に栄養が摂れていいですよね(♡ >ω< ♡)
作り置きできるのも嬉しいポイント♪

まずは、過去のスープレシピをおさらいしましょう♪

「冷凍トマトをチンするだけ!?即席トマトスープ」(写真左上)
「これ一杯で栄養満点☆色合いきれいなサーモンチャウダー☆」(写真右上)
「とろ〜り癒し系♡カブのミルクスープ」(写真左下)
「5分でできちゃう♪BLTスープ」(写真右下)

スープストックの保存テク

スープを作る際にぜひ取り入れたいのが、自家製スープストック!
自家製なら無添加で安心ですし、お料理にも自然な深みが出ますよ♪
毎回、一から準備するのは大変なので、まとめて作って冷凍しておくのがおすすめです☆

<ストレートタイプの冷凍保存〜ジップロックフリーザーバッグの場合>
「ジップロック フリーザーバッグ」に入れ、なるべく空気を抜いてジッパーを閉め、アルミトレーなどにのせ、平らにして冷凍します。入れる量の目安は「ジップロック フリーザーバッグ(M)」なら2カップ(400ml)です。凍ると膨張するので、入れた時の厚みが1㎝程度までを上限としてください。
使うときは、トレーなどにのせて取り出せる程度まで自然解凍し、鍋で直接加熱するなどして利用します。
soup_sub3

<ストレートタイプの冷凍保存〜ジップロックスクリューロックの場合>
「ジップロック スクリューロック」の7~8分目まで入れ、フタをしめて冷凍保存。 凍ると膨張するので、入れる分量は、必ず容器の7~8分目までを上限としてください。
使うときは、取り出せる程度まで電子レンジで解凍し、鍋で直接加熱するなどして利用します。
soup_sub2

<濃縮タイプの冷凍保存>
濃いめにとったスープストックを、製氷皿に入れてキューブ状に凍らせてから、「ジップロック フリーザーバッグ」に入れて冷凍するのもおすすめです。
使うときは、必要な分だけ取り出し、鍋に直接入れ、好みの濃度に薄めて利用します。
soup_sub1

今日の一言

今週ご紹介する美味しくて簡単にできるスープレシピで、レパートリーを増やして、あったかスープ生活始めましょう☆

あったかスープ特集