裏ワザレシピ» オシャレでヘルシー!乳酸キャベツとセロリの蒸し鶏あえもの

「乳酸キャベツ」レシピ② 17.11.15 水

オシャレでヘルシー!乳酸キャベツとセロリの蒸し鶏あえもの

自宅で簡単に作れる発酵食品「乳酸キャベツ」を常備しておけば、オシャレな和え物もお手軽に♡

乳酸キャベツ」が野菜と調味料の2役を果たしてくれるから、合わせ調味料を作らず、具材を和えるだけでOK!٩( ´ᆺ`)۶♫

さわやかな乳酸キャベツの酸味と蒸し鶏のおいしさで、セロリがモリモリ食べられます♪

  • お料理時間:10分
  • カロリー:46kcal/1人分(3等分として)

デキル主婦風★裏ワザ

材料(2〜3人分)

乳酸キャベツ・・100g
セロリ・・1本
※セロリの代わりに、生の水菜でも合います。

【蒸し鶏】
鶏胸肉・60g
塩、こしょう・・各少々
酒・・小さじ1
しょうが(薄切り)・・1~2枚

香菜(パクチー)・・適宜
すり白ごま・・適量

作り方

【1】鶏胸肉は塩、こしょうをよくすり込む。耐熱皿にのせて酒をふり、しょうがをのせ、「サランラップ」でゆったりとふたをして、電子レンジ(500W)で約1分、裏返して再び「サランラップ」でゆったりとふたをして、30~40秒加熱する。あら熱がとれたら食べやすい大きさにほぐし、冷ましておく。

【2】乳酸キャベツは軽く水けをきっておく。セロリは4~5cm長さの薄い短冊切りにし、氷水に入れてパリッとしたら、水けをきっておく。

【3】ボウルに乳酸キャベツ、(1)、セロリを入れ、よく混ぜ合わせる。器に盛りつけ、2cm長さに切った香菜を散らし、すりごまをかける。

裏ワザコラム: 「鶏肉」の冷凍保存裏ワザ

今日のレシピの「鶏胸肉」が余ったら、残りは冷凍保存しよう!

水っぽさや生臭みが気になる鶏肉は、「塩」をふって冷凍保存すると、よりおいしく食べられますよ♪
使うときも、すでに塩味がついているので、下味をつける手間が省けます。

目安は1枚(250g)あたり塩小さじ1/3程度。鶏肉全体に塩をよくなじませたら、「サランラップ」でぴったり包みます。
christmas_sub1

「ジップロック フリーザーバッグ」に入れ、なるべく空気を抜き、ジッパーをしっかり閉めて冷凍保存。

使うときは冷蔵室に移して自然解凍しましょう。

「サランラップ」は他のラップ(ポリエチレン製ラップ)に比べて、酸素を通さない力が約200倍!肉の酸化を防ぐので、おいしさキープできるんです♪さらに、厚手素材の「ジップロック フリーザーバッグ」でダブルガードしましょう。

今日の一言

キャベツは、「生のまま冷凍保存」もOKですが、「乳酸キャベツ」にして常備すれば、いろいろアレンジ活用できて、お料理のレパートリーが広がりそうですね♪

主婦力UPは保存上手から★

食材保存テク一覧」をブックマークしておけば、迷ったときにさっとチェックできますよ♪♪

オシャレでヘルシー!乳酸キャベツとセロリの蒸し鶏あえもの