裏ワザレシピ» えびはレンジ加熱で簡単!「生春巻き」

「パクチー(香菜)」レシピ① 17.09.26 火

えびはレンジ加熱で簡単!「生春巻き」

簡単なのに、オシャレで主婦力高〜いイメージの「生春巻き」。
彩り鮮やかで、おもてなしレシピとしても◎

生春巻きにつけるタレもいろいろあるけれど、今日のレシピは本場ベトナムでは定番のみそだれでいただきます♪

 

  • お料理時間:25分
  • カロリー:89kcal/1本分

レンジで時短★裏ワザ

材料(8本分)

ライスペーパー・・8枚
ビーフン・・10g
えび・・中8尾(160g)
塩・・少々
酒・・大さじ1/2
パクチー(香菜)・・適量
きゅうり・・1本
レタス・・1枚
焼き豚・・6枚
にら・・8本

【たれ】
赤みそ・・大さじ2
砂糖・・大さじ3
酢・・大さじ1/2
酒・・大さじ1
水・・大さじ1

作り方

【1】ビーフンはゆでてもどし、ざるにあげて流水で冷やし、水けをきっておく。

【2】えびは背わたをとり、耐熱容器に入れて塩、酒をふる。「サランラップ」でゆったりとふたをし、電子レンジ(500W)で約2分30秒加熱。そのまま冷まし、殻をむいて縦半分に切る。

【3】パクチーは3~4cm長さに切る。きゅうり、レタス、焼き豚はせん切りにする。にらは長さを半分に切る。

【4】耐熱容器に赤みそ以外のたれの材料を合わせ、「サランラップ」でゆったりとふたをし、電子レンジで約30秒加熱する。赤みそを加え、よく混ぜ合わせる。

【5】ライスペーパーはぬるま湯につけてもどし、水にぬらしてかたく絞ったキッチンペーパーの上に広げる。表から色が見えるように(2)のえびを置き、(1)、(3)の具の1/8量をのせ、にらを添えて巻きながら包む。残りも同様に作る。
※ライスペーパーは1枚ずつもどして、そのつど具を巻き、1本ずつ仕上げましょう。

【6】(4)のたれをつけていただく。

裏ワザコラム:「サランラップ」でレンジ加熱する裏ワザ

今回の裏ワザポイントは、えびをゆでずにレンジ加熱すること。
ゆで水を使わないので、うまみを逃すことなく火を通すことができますよ。
また、酒を加えて加熱することで臭み消しの効果もあります。
そんなレンジ調理には、耐熱温度が140℃と熱に強くて丈夫な「サランラップ」がぴったり◎

「サランラップ」を使ったレンジ加熱のポイントをしっかりおさえて応用力をつけましょ♪╰(*´︶`*)╯

  • 耐熱容器に「サランラップ」をかけてレンジ加熱する場合は、蒸気の圧力で「サランラップ」が裂けてしまわないよう、ゆったりと余裕を持ってかけるのが失敗しないポイント!
  • 食品を直接包む場合は、食品と「サランラップ」の間に少し余裕を持たせながら、食品がはみ出さないようにフィルム同士をくっつけるようにして包みましょう。
» 「サランラップ」活用レシピ

今日の一言

生春巻きは、パクチーとの相性抜群♪パクチー好きの方にはたまらないレシピですよね♡

作ってみた方は、ぜひ「裏ワザレシピ」のFacebookページでシェアしてくださいね♡
(※モバイル版Facebookアプリで開きたい場合は、コチラから★)

えびはレンジ加熱で簡単!「生春巻き」