裏ワザレシピ» もやし

保存テク 16.11.28 月

もやし

今週はシャキシャキっとした食感が魅力的なもやしをPickUP!!
お手ごろ価格で年中手に入れることができるもやしは、家庭料理の強い味方。
火通りが早く、比較的くせのない味なので、汁物や炒め物、サラダに至るまで、いろんな料理に幅広く使えるうれしい食材です♪

またいろいろな栄養素を含むのも魅力の1つ。エネルギーが低く、脂質の代謝を促すビタミンB2や老廃物を排出する食物繊維を含むので、ダイエットにもおすすめの食材。原料の豆にはほとんどなかったビタミンCも含みます。

主婦のつよ〜い味方「もやし」ですが、日持ちしないのが残念なところ。まずは冷凍保存テクをチェック(⌯¤̴̶̷̀ω¤̴̶̷́)✧

もやしの冷凍保存テク

日持ちしないのが残念なもやし…。困ったときは、冷凍保存しよう!

「ジップロック フリーザーバッグ」に入れ、なるべく空気を抜いてジッパーを閉め、冷凍保存。
moyashi_sub1

使うときは…電子レンジで解凍するか、凍ったまま調理☆
熱湯でサッとゆで、水けをよくきってから、「ナムル」など味のしっかりとしたあえ物がオススメ◎「レバニラ炒め」や「豚キムチ」などの炒め物に使う場合は、電子レンジ解凍して、水けをよくきってから炒めてくださいね♪
冷凍したもやしは水っぽくなり、多少食感が悪くなりますので、「おひたし」や「すまし汁」のようなシンプルな味つけのものにはあまり向きません。

今日の一言

「もやし」と「スプラウト」の違い、みなさんご存じですか!?
一般的に、野菜としての「もやし」は、豆類の種子を発芽させたもの。「スプラウト」は、大根やブロッコリーなど野菜の種子を発芽させたもの。なんですって!

もやし