裏ワザレシピ» ゆず

保存テク 14.12.01 月

ゆず

ほどよい酸味とさわやかな香りでお料理を引き立たせ、上品な一品に変えてくれる優れた食材「ゆず」。鍋や、酢の物、シャーベットやジャムなど、幅広く愛用されています♪

ゆずの果皮は、果汁よりも栄養価が高く、カルシウムは約2倍、ビタミンCは約4倍も差があるってご存知でしたか?

更に、ゆずをお風呂に入れて入浴すると、心身の疲労回復にも役立つと言われています。果皮に多く含まれる特有の香り成分”リモネン”が、自律神経系に作用しリラックス効果が期待できるそうですよ❤(o´∪`o)アロマオイルや芳香剤などにも使われています♪♪昔から「冬至の日にゆず湯に入ると1年中風邪をひかない」と言われますが、今年の冬至は今月22日!この日はぜひ、ゆず湯にゆーったり浸かって、疲れた身体をリラックスさせてくださいね♡

ゆずの冷凍保存テク

香りや風味付けにとても重宝するゆずですが、使い切るのは大変ですよね!
今日はゆずの冷凍テクを覚えて、旬の風味をムダなく楽しみましょう☆
かぼすやすだちにも応用できますよ!

大ぶりのものなら1/4に、小ぶりのものなら1/2にカットします。(小さいものはまるごとでも◎)ひとつずつ「サランラップ」で包んでから「ジップロック フリーザーバッグ」に入れて冷凍保存☆
ポイントは、「サランラップ」で包むことで、香りや水分をしっかりキープできること!「ジップロック フリーザーバッグ」に入れるときは、なるべく
空気を抜いてからジッパーを閉めてくださいね♪

MT0796^G01^POPL


使用するときは・・・
◎鍋物や焼き魚に利用する場合:
自然解凍してそのまま利用します。搾るときにギュッと皮をひねるようにすると、果汁の酸味と皮から出る香りが両方楽しめますよ☆

◎皮を利用する場合:
室温に少しおいてから、黄色い部分をすりおろしたり、そぎ切りにして利用します。すりおろしたものは、ゆずみそやドレッシング、ヨーグルトやお菓子作りに使い、そぎ切りは、汁物や茶碗蒸し、麺類などの料理の香りづけに使用できます♪

◎スライスして利用する場合:
室温に少しおき、切りやすい固さになったらスライスして凍ったまま使えます♪
チューハイやホットドリンクなどにも利用できます。

果汁を絞って残ったゆずの皮は、細かく刻んではちみつ漬けにするのもオススメ☆ 少し苦みがありますが、ゆずの香りも残っていておいしく食べられますよ!ゆずってムダなく頂くことができる食材だったのですね☆

今月冷凍したゆずは、お正月のおせち料理にも使えそう♪♪(ノ∀`●)

今日の一言

今日から師走!年末に向けていっきに忙しくなりますし、本格的に寒くなって風邪をひきやすい時期ですね!
冬至まで待たずにゆず湯に浸かり、疲れをとるのも良いかもしれませんね☆

ゆず