裏ワザレシピ» 絶品!5分でできる☆タイの昆布蒸し

「タイ」レシピ① 14.03.26 水

絶品!5分でできる☆タイの昆布蒸し

旬のタイをおいしく、お手軽に食べられるレシピがこちら!「タイの昆布蒸し」です(*゚∀゚*)♥

昆布の旨味がタイに加わってよりおいしくしてくれますよ。

そんな絶品料理「タイの昆布蒸し」が、蒸し器やフライパンなども使わず、レンジで簡単にできるんです♪
し・か・も!お料理時間はたったの5分!(☆∀☆)

包みを開いてお好みの香味野菜で彩りを添えたら、そのままお皿にのせて召し上がれ〜♪

材料(1人分)

タイ・・1切れ(約100g)
塩・・少々
酒・・大さじ1
だし昆布(5cm幅×10cm)・・ 1枚
好みの香味野菜・・適量
(青じそ、貝割れ菜、クレソン、スライス玉ねぎ、ラディッシュなど)

【レモンしょうゆ】
レモン汁・・小さじ2
しょうゆ・・大さじ1
すり白ごま・・大さじ1/2

作り方

【1】「クックパー レンジで包み蒸しシート」の中央にだし昆布をおき、その上に塩少々したタイをのせ、酒をふる。「クックパー 包み」の手順にしたがって包む。
「クックパー 包み」の手順

【2】(1)を耐熱容器にのせ、電子レンジ(500W)で約2分加熱する。加熱後、包みの真ん中から開き、好みの香味野菜をのせてレモンしょうゆをかける。

裏ワザコラム

今日のレシピの要となる「昆布」は、和食の基本食材のひとつ★
ミネラルやヨードなど海の恵みをたっぷり含んでいて、四方を海に囲まれた日本独特の長寿食といわれています。長寿で有名な地域では昆布を始めとする海藻をよく食べているんですって♪

この時期は花粉症に悩まされる方も多いですが、昆布には抗アレルギー成分が豊富に含まれています☆ただし、昆布の抗アレルギー成分は水やお湯にはほとんど溶け出さないので、昆布を食べることがポイントです♪昆布蒸しにつかった昆布も食べられるので、煮物にしたり、乾燥させてふりかけなどしてみてくださいね♪

そんな、栄養満点でおいしい、和風だしの優等生「昆布」の活用方法をもうひとつ!「こぶじめ」の作り方をご紹介します★刺し身の余分な水分が抜けて昆布の旨味がぎゅっと魚に移る「こぶじめ」は、水分が抜けるため多少日持ちもよくなります♪バリア性の高い「サランラップ」で包めば乾燥や匂い移りを防ぐので、  「こぶじめ」のおいしさも逃がしませんよ♡

<材料>
昆布(約20㎝長さ)・・2枚
好みの刺し身※・・適量
※タイ、ヒラメなど白身魚のほか、ホタテ、甘エビ、イカなどでもおいしくできます。

<作り方>
【1】昆布は表面を酢でぬらして絞った布巾でサッとぬぐう。

【2】 「サランラップ」を敷き、(1)の昆布をおき、刺し身をのせる。  もう1枚の昆布で刺し身をはさみ、そのまま「サランラップ」でぴったりと包む。
スクリーンショット(2014-05-20 0.07.51)

【3】 冷蔵室に一晩ほどおけば食べごろに。

「昆布」について、すっかり詳しくなっちゃいましたね★上手に使いこなして、主婦力UPを目指しましょう( ´▽`)♪

今日の一言

白身魚×「クックパー レンジで包み蒸しシート」の時短レシピと言えば、前に「さわらと菜の花のトマトクリーム仕立て 」もご紹介しましたね!どちらもとーっても簡単に手早くおいしくできるので、ぜひセットで覚えて、積極的に食卓に取り入れていきましょ♪♪

今回のレシピではタイの他にも、スズキなどの白身魚を使ってもおいしくできますよ(b゚v`*)その日に手に入りやすくて新鮮な食材を上手に選べるのも大切な主婦力のひとつ☆
いろんなレシピに挑戦して、自分好みに工夫やアレンジしてみたり、幅広くお料理のレパートリーを増やすことで、行く行くは、「買い物に行って、食材を見ながらメニューを決める派」になれるカモ!?♪これ、「サラ」の憧れのセリフです・・・笑

▼お料理の目安
・お料理時間:5分
・カロリー:299kcal/1人分


絶品!5分でできる☆タイの昆布蒸し