裏ワザレシピ» カリフラワー

旬の食材PickUP 14.01.27 月

カリフラワー

オシャレなイメージのある「カリフラワー」❤
皆さん、うまく使いこなせていますか?

カリフラワーは、ブロッコリーと同じくキャベツの仲間で、つぼみの集まりを食べる花菜です★名前にも、「キャベツの花」という意味があって、約3万個の花のつぼみでできているというからビックリ!!Σ(゚∀゚ノ)ノ

日本では純白のものが好まれますが、黄緑色から紫色のものまで幅広い種類があるんですよ♪♪

コラーゲンの生成を助け、美白・美肌に効果的なビタミンCをたっぷり含んでいて、しかも加熱しても失われにくいという女性に嬉しい食材です♪

選ぶ時は、全体に白くて丸みがあり、つぼみが開花していないものを。しっかりと詰まっていて重みがあり、小茎が伸び過ぎず変色していない、新鮮なものを選びましょう(*´▽`*)ノ

カリフラワーの保存テク

20℃以上の温かい場所に置くと、開花してしまうことがあるのでご注意をっ!!(*ノД`*)

■冷蔵保存テク

保存するときは「ジップロック ストックバッグ」に入れて、冷蔵庫の野菜室で立てて保存☆☆ただし、完全密封は禁物ですよ〜!!あまり日持ちしないので、なるべく早く茹でるなど調理しましょう♪♪

ゆでるときは、少量の小麦粉と、牛乳かお酢かレモン汁を加えてゆでれば、アクがぬけて白くなりますよ♪煮くずれも防げるので一石二鳥ですね♡♡

上手に保存&調理して、食材をムダにすることなく大切に使える、お財布にも地球にもやさしい主婦を目指しましょっ(・ε < )σ★

■冷凍保存テク

冷凍する時は、ゆでてから冷凍します!
固めにゆでて水けをよくふきとってから、小分けにして「サランラップ」で包むと酸化を防ぎ、新鮮さキープ力がUPします!
その後「ジップロック フリーザーバッグ」に入れ、なるべく空気を抜いて、ジッパーをしっかり閉めて冷凍保存しましょう♪♪

炒め物などに使う時は、凍ったまま使えるから便利♪('v')
サラダなどに使う時は、電子レンジまたは熱湯でサッと解凍しましょう。

今日の一言

カリフラワーってどんな野菜なのか、少〜しわかってきたところで、今週は、そんなカリフワラーを使った、アイデア満載の簡単レシピをご紹介していきますヾ(´・∀・)ノ

今まで「ブロッコリーは買うけど、カリフラワーってどうやって食べればおいしいの〜?」と思っていた方も、「サラ」と一緒に、オシャレ食材、カリフラワーをマスターしましょ☆☆


カリフラワー